オメガ3脂肪酸の健康効果・安全性・副作用

オメガ3脂肪酸とは

オメガ3脂肪酸とはDHAやEPAのこと

オメガ3脂肪酸とは、魚の油に豊富に含まれていることで有名なDHAやEPAなどのことです。

食用油は、獣肉や乳製品に大量に含まれている飽和脂肪酸と、植物性の油や魚油などに豊富に含まれている不飽和脂肪酸に大別されます。 そしてこの不飽和脂肪酸の一種がオメガ3脂肪酸です。

脂肪酸とは

脂肪酸は脂質の成分で、グリセリンとくっついてトリグリセライド(中性脂肪)を形成します。脂肪酸は構造の違いによって次の3種類に分類されます:

  1. 飽和脂肪酸
  2. 一価不飽和脂肪酸
  3. 多価不飽和脂肪酸

オメガ3脂肪酸を含有する食品

動物性食品

オメガ3脂肪酸を豊富に含む食品はなんといっても魚ですが、魚以外の魚介類の中にもオキアミ(クリル)のようにオメガ3脂肪酸を豊富に含むものがあります。

魚以外の動物性食品では、卵や牛肉にもオメガ3脂肪酸が微量に含まれます。 卵や牛肉に含まれるオメガ3脂肪酸の量は、牛や卵を産む鶏に与えられる餌によって異なります。

植物性食品

植物性食品では、菜種油などの植物油やクルミにオメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。 これら以外の様々な植物性食品にもオメガ3脂肪酸が微量に含まれていることがあります。

オメガ3脂肪酸の種類

オメガ3脂肪酸は不飽和脂肪酸の一種ですが、オメガ3脂肪酸それ自体も何種類かに分けられます。 世間的に有名なDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)も、それぞれオメガ3脂肪酸の一種だというわけです。

オメガ3脂肪酸に分類される脂肪酸はこれまでに10種類以上が見つかっていますが、そのうち人体にとって重要なのは、DHA・EPA・DPA・ALAの4種類です。

DPAとALA

人体においてオメガ3脂肪酸は最終的にDHAへと変換されますが、DPA(ドコサペンタエン酸)はEPAからDHAへと変換される途中の物質に当たります(EPA → DPA → DHA)

また、植物油やクルミに含まれているオメガ3脂肪酸はALA(αリノレン酸)ですが、ALAは人体において使われる前に体内でEPAやDHAへと変換されます。 人体におけるALAからEPAへの変換率は5%、ALAからDHAへの変換率は0.5%でしかありません。

したがって、オメガ3脂肪酸の補給という観点からは、オメガ3脂肪酸をALAの形で含有する野菜油やクルミは効率が悪いということになります。